うつ病の気になる知識を確認しよう!うつ病障害年金の情報も紹介!

サイトメニュー

うつ病障害年金の注意点

聴診器

受給が困難なうつ病障害年金

病気の程度によって、障害年金の受給が可能になっています。それは、うつ病でも例外ではありません。ただし、うつ病障害年金を受給出来るかどうかは難しいと言われています。その理由の一つに、うつ病患者が増加していることがあります。うつ病の方が増えていき、うつ病障害年金の手続きをする方も増加傾向にあるからです。そのため、受給出来るかの判断も厳しくなっており、様々な書類の提出を行わないと、受給出来ないという場合もあるようです。なので、うつ病障害年金の手続きを行う前に、ネットなどで、どんな書類が必要か・どの様な手続き方法を取るべきか等を調べておくようにしてください。
うつ病障害年金を受給出来る方は、どの様に選ばれるのか知らない方がほとんどでしょう。その基準として、うつ病と診断された日が重要になります。それから、1年と6ケ月経っているかどうかは、うつ病障害年金を受給出来る第一条件になります。ただ、それを把握してないままで、手続きを行う方が多くいるため、うつ病障害年金を受給が出来ないとなってしまうのでしょう。それに、うつ病の程度によって障害の階級が決まっています。うつ病障害年金を受給可能な階級は、2級からになっており、3級と認定されてしまうと、うつ病障害年金の受給は出来ません。近年、うつ病障害年金の基準が厳しくなっていて、元は2級と認定されていたうつ病患者の中には、3級と認定が変わった方もいるようです。その原因は、老齢年金や厚生年金の受給者が多くなっていることにあります。そのため、うつ病障害年金として使われていた予算額が減っていってしまっているようです。また、うつ病は身体の検査をしても現れる病気ではありません。そのため、うつ病の程度が分かりにくくなっており、うつ病障害年金を受けるまでで無いと、判断されてしまうこともあります。その判断基準は、医師の診断書にあります。なので、病院に行けないほどのうつ病患者の方は、医師に診断書を書いてもらえないため、うつ程度が低いと判断されてしまうようです。それに、医師に思うように、うつの症状を伝えられなかった場合でも、うつ程度が低いと判断されてしまいます。それにより、うつ病障害年金の受給が出来なくなってしまうようです。また、うつ病障害年金を受け取る上で、一番の障害は、医師とのコミュニケーションにあります。担当医師が自分に合わない時もあるでしょう。そんな時は、うつの程度を伝えるのも難しくなってしまいます。なので、うつ病になった際は、担当医師選びは重要事項の一つになるでしょう。自分の意思が伝えやすく、アドバイスが的確な医師を選んで、担当になってもらうようにしてください。そして、うつ病回復に向けたプロセスをたてて貰うようにしましょう。